半衿が出ない時の対処法!コレがあれば簡単に解決!半襟が浮く対策にも

「半衿がうまく出ない!」
いくら着付けのテキストの通りに着ても、半衿がうまく出ない、浮いてしまうなど…。
ひどいときには半衿が着物の衿に隠れてしったり、気づく度に指でひっぱるのも無粋ですし、格好悪いです。

半襟が出ない対処法

何度直しても隠れる場合は、着付けを見直すのがオススメです。
いくつかの解決方法と、私の解決方法を書きました。

コーリンベルトがきつすぎる

コーリンベルトが短すぎたりキツすぎると、半襟が引っ込みます。
(衿幅やバチ衿ならコーリンベルト無しでもよかったりします)

長襦袢の着付けが甘い

長襦袢の着付けは、外からは見えませんが着物の土台となる大事な部分です。
着付け教室でも長襦袢に多くの時間を費やしたりします。

衿は、洋服の感覚よりもずっと詰めるのが着物の着方です。
左右でズレていたり、襟元の打ち合わせがよくないとキレイに着られないので、しっかり詰めると半襟問題がなくなることも。

(襟の詰め方は年代や慣れでも違いますが、最近は襟が開きすぎな方が多い印象も受けます。)

私の場合は、半衿がうまく出ない悩みは、腰ひもで解決

着付けの方法は一つだけではないですが、当時は腰ひもを使わずウエストベルトや金具付き伊達締めを使う方法出来ていました。

金具付き伊達締めというのは、ウエストの左右にあたるところに5-10センチくらいのゴムがあり、先に衿を留める金具のある伊達締めです。

着物の下前のおはしょりと上前の衿を金具付き伊達締めの金具に留めて、その上に伊達締めと帯を締めると、なぜか半衿が出ませんでした。

でも、とある本で、解決方法が見つかりました。
本にならって衿の形を整え、下前と上前を整えた後に腰ひもをウエストより少し高い位置に締めたら、半衿が上手い具合に出ました。

このことがあってから、今は金具付き伊達締めなしでに腰ひもを採用しています。
私の場合は半衿が出せなかったのは、金具付き伊達締めに原因があったのではないかなと。着物の衿が金具付き伊達締めのゴムに強く引っ張られて、半衿が出なかったようです。

最近の半襟事情

最近は、絹やちりめん和柄が可愛い半襟など、気軽に通販で買えたりします。
洗える正絹やカラフル友禅半襟、クリスマスカラーなど、半襟のコーティネートは楽しいですよね。

2016年のNHK紅白歌合戦では、高畑充希さんが鮮やかな振袖を着ていましたよね。
市松模様の半襟がアクセントになってステキでした。ホワイトとブラックのモノトーンかと思いきや、よく見ると、オレンジや水色の格子も混じっていてオシャレでしたよ。

年末のスマスマでは、レディ・ガガさんも薄ピンクの置物で登場。
無地の着物に柄物の半襟とアシンメトリな袖襟が、これまた個性的でした。なんでも、UNIVERSAL MUSIC JAPANさんから贈られた斉藤上太郎さんという方がデザインされたものだとか。