和装wedding~清楚な白無垢と綿帽子の美しい花嫁姿

白無垢にもひとつひとつ特徴的な違いがあっていつも目にしていてもその違いはほんの少しであっても全く印象が異なるものであったりします。

たとえば裾のふきに赤が入っているか、ピンクなのか、ふきに色が入っていないものなのか、でも白無垢の印象はすごく違ってきます。白無垢って遠目から見ると白いだけだから全部おなじかと思われますが実は…柄ゆきが一点ー点違うのです。

白地の上にうっすら…鶴や花の紋様が描かれていますが間近で見ると白無垢を選ぶならこの柄ゆきのバリエーションでまず悩んでしまいますね。

鶴や流水などの古典的な落ち着いた雰囲気の白無垢から花の紋様などは可憐で可愛らしい印象の白無垢がありますがどれもステキです!

和装wedding

ウェディングドレスサロンでは和装ウェディングの着付けもされますが白無垢姿をトータルコーディネートで綿帽子迄着付けている様子を見ると和装ウェディングの正統派はやはり白無垢ではないかなぁ~と思ったりします。

大体ほとんど毎日和装衣装の中でも白無垢の他店でのレンタルのためにお貸し出しリストに上がってきますがそれだけ和装ウェディングでは白無垢の花嫁人気は根強いみたいです。

名称は白無垢であっても完全な白無垢ではなくて色が入っているものも多くて(ほとんどベージュだったりピンクだったり…)そのバリエーションには最初は驚きました。

「白無垢を脇縫いがずれないように慎重におたたみをする!」

和装のたたみかたについても白無垢や打ち掛けについては大変高価であるため(全て正絹の為)脇縫いの部分がずれないようにたたむのに苦心します。

他の留め袖などの和装と違い脇にあわせてたたむ本だたみではなくて白無垢や打ち掛けは裾ふきのところ迄衿を持ってきてたたむのですが脇縫いがずれて線が入ってしまったりすると商品価値がなくなってしまうからなんです。

身頃に傷ができてしまう原因にもなってしまうので(擦れて後がつくため)いつも白無垢をたたむときはとても慎重になってしまいます。

和装ウェディングの正統派、白無垢のお衣装は美しい清楚な花嫁の為に日本人の美意識が凝縮した芸術品のような…そんなきもちでおたたみをしています♪

沢尻エリカさんや神田うのさん、東原亜希さんや松嶋尚美さんといった芸能人・有名人の和装ウエディングも話題になりましたよね。