香道を知る/六国五味で香りを分類分け

日本の伝統文化のひとつとして「香道」を紹介したいと思います。

香木

今日はその中でも香りの元になる「香木」についてです。
香道では、沈香木(じんこうぼく)を温めて香りを聞きます。※香道ではにおいを嗅ぐことと「聞く」と呼ぶのですが、面白いですね。

その沈香木にはいくつかの種類があるんですよ。
香木の原産地と香りの種類をもとに「六国五味」と分類されています。

香道の基本・六国五味について

香道では、香りを5種類に分けています。
香りを分類分けして体系付けられるために、室町時代あたりから作られています。

六国の種類

・伽羅/きゃら
・羅国/らこく
・真南蛮/まなばん
・真奈伽/まなか
・佐曽羅/さそら
・寸門多羅/すもんたら

こちらは、先ほどの五味とはちがって普段なかなか耳にしない言葉ですよね。ちなみに、六国というのは「りっこく」と読むんですよ。

最初は、香木の産地名から名付けられたのですが、時代が登るにつれて品質分けというような意味あいが強くなっています。
香りや含有樹脂の質と量で分けられています。…と、難しいことをかきましたが、香木の「品質」で分けられているというものです。

五味の種類

・辛/しん
・甘/かん
・酸/さん
・鹹/かん(塩からい)
・苦/く

この5つの香りのことを「五味」と読んでいます。

これって、味みたいですよね。
甘い香りがあったり辛い香りがあったり、すっぱい香りがあったりと想像しやすいです。

この六国と五味を合わせて「六国五味」とよんでいます。
香道の流派に寄っても違いますが、六国と五味、そして原産地は下記のように対応していたりもします。

・伽羅は五味でいう「辛」/ベトナム
・羅国は五味でいう「甘」/タイ
・真南蛮は五味でいう「酸」/インド南西部マラバル地方
・真奈伽は五味にはありません/マレーシア
・佐曽羅は五味でいう「鹹」/不明
・寸門多羅は五味でいう「苦」インドネシア(スマトラ)

※名前がつけられた由来となる産地を書いています。
現代では、産地と違うことも多く、香木の「分類分け」としての意味あいが強くなっています。

※香りの分類は流派によっても違ってきます。

奥が深い香道の世界

香りを分類するといっても、それは大まかなものです。
厳密に言えば、同じ産地の木でも香木によって香りが全然違ったりします。

そのあたりの微妙な部分まで、白黒をハッキリさせようというものではありません。臨機応変に自然の豊かな香りを楽しむ、というのが香道の香りの聞き方でもあります。

最初の頃は、どの香りもあまり大差なく思われます。
しかし、お稽古を重ねて色々香りを聞き分けていくと、その微妙な違いなどを楽しめるようになってくるというもの。

香りは目には見えないものですが、とても奥が深いものになっています。