フォーマルな着物ー黒留袖・色留袖・振袖/着物買取オススメ

着物の中には、冠婚葬祭等フォーマルとカジュアルなものとに分けられますが、フォーマルな中でも「黒留袖」「色留袖」「振袖」について紹介します。

黒留袖

『黒留袖』は和装の中でも既婚女性の第一礼装です。
洋装の場合は、昼と夜では服が違いますが、和装は時間帯に関係なく着ることが出来ます。

江戸時代に遡りますが、この時代若い人が使っていた「振袖」を結婚後に短くし、柄に関わらずこのような和服を「留袖」と呼んでいたといいます。

そのことから、現在の既婚女性の礼装になっていったようです。

「留袖」の中でも『黒留袖』は、黒地の裾に柄入りで、五つ紋があります。
この柄は年代によって若い年代向けと年配の方向けとありますので、購入される際やレンタルされる際はこの柄にも注目してみてください。

黒留袖は、新郎新婦の母・身内の結婚式で且つ既婚の女性・仲人さんという立場の重い方々が着用します。

色留袖

『色留袖』は黒地以外の物を色留袖と呼びます。
着用目的によって、五つ紋・三つ紋・一つ紋・無紋にします。

色留袖は、本来は既婚女性の着用しますが、最近は未婚の女性であっても礼装として着用することも増えています。年齢を気にし、訪問着ではなく色留袖を選ぶ事で、落ち着いた印象を持たせるという意味もあるそうです。

初釜時に着用したりするものでもあり、宮中の行事は色留袖着用です。

振袖

『振袖』は本来、若い女性が着用する物であって、既婚・未婚は関係のない物だったそうです。
振袖の袖の長さは3種類あります。「大振袖(本振袖)」「中振袖」「小振袖」の3種類で、それぞれ約114cm、約100cm、約85cmです。最近は、大振袖と中振袖が主流ですが、柄を格式の高い物にすることで中振袖や小振袖でも第一礼装になります。

時は2017年、このあたりは少しづつ伝統も現代にフィットしながら進むのかもしれませんね。

新しい着物イベントあれこれ

最近では「きもの鹿鳴館倶楽部」なる団体やキモノジャックというイベントもあります。
表参道ではパリ凱旋合同展示会 「Fashion Expo-Vente à Tokyo」や、ホテル雅叙園東京で開催される「美と匠の祭典 撫子NADESHIKO」では着物プランも!

更には50周年を迎える着せ替え人形リカちゃんの展覧会では艶やかな着物リカちゃんの展示もあります。

和服もファッションの一つとして気軽に楽しみたいですよね。