カジュアルな雰囲気で楽しむ着物

着物といえば高価で敷居の高いイメージですが、最近では、普段着として着ることができるような着物を展開しているブランドもあります。

10代から30代くらいの女性の感覚にもマッチした雰囲気なので今感覚の「粋」な着物ライフを楽しめそうです。

さく研究所

その中の1つが、さく研究所。
洋服感覚で着物を楽しめるように、様々なデザインや素材の着物や小物を販売しています。

例えば、素材であれば、伝統的な絹や麻だけでなく、コットンやリネン、ウールといった素材を着物に用いることで、モダンなテイストの着物に仕上がります。

また、染めるときにもジーンズを染めるときに使用するインディゴを使って、くすみ感のあるブルーの生地にしたり、着物の装飾にレースを用いたりと、伝統的な作りの中に、洋風の文化のデザインを取り入れることで、普段着としてナチュラルに着こなしやすくなります。

ジーンズに使われるインディゴなんて、昔では考えられなかったものだ。
ジーパンはアメリカの労働者たちが発祥ですが、日本の伝統文化に活かされるのは面白いですよね。

リーバイスやエドウィン、リーなんかのジーンズブランドとのコラボも、そのうち出てくるかも!?
(個人的にジーンズはあまり好まないのですが…、好きな人はいそうな予感!…と思って調べたら「デニム着物」なんてあるみたいです。「デニム着物 着物屋くるり」や「撫松庵」、「藤木屋」というお店もあります。丈夫で実用的かもしれません。)

さく研究所のホームページを観ても分かるのですが、とにかく「今感」のある着物ブランドです。

プリント着物

カジュアルな雰囲気で着るのであれば、プリント着物もオススメ。
着物の柄と帯の柄を同じテーマのものでそろえると、かわいらしく着こなすことができます。敷居が高いと諦めていた憧れの着物、カジュアルな雰囲気で楽しんでみませんか。

着物買取業者さんや中古業者さんから購入する

和服をカジュアルな価格で楽しみたい!方にオススメです。
着物一式を揃えようと思うと大変ですが、こういった買取業者さんが販売しているホームページ等では、いい着物がカジュアル価格で穴場です。