訪問着の買取相場は?どこが一番高く売れる?

和装一式を揃えた際に訪問着も用意したけれど、結局着たのは数回だったという方や一度もたとう紙を解いていないという方もいるかもしれません。

訪問着の買取相場は?どこが一番高く売れる?

訪問着は、業者さんによる買取もされています。綸子やちりめんと行った絹生地が多く、正絹は買取でも優遇されやすいです。

売った時の相場はどれ位?

あまり使わなくても、ずっと保管しておいた大切な訪問着。
あまりに安い金額なら売りたくない!という場合もありますよね。

相場が気になるところですが、状態やモノ、 証紙の有無やブランドや作家さんによっても異なるため訪問着なら◎◎◎◎円!と言い切ることができません。

数百円から数万円まで!

ただ、実際の買取価格としては数百円というものから数万円というしっかりした金額がつくものもあります。

《注意》できるだけ高く買ってもらうには?

ただし、訪問着を売る際には注意しておきたい点もあります。
それは、良心的な買取業者さんを選ぶという点です。

専門業者さんに買取ってもらえば数万円の評価のある訪問着でも、着物を専門的に扱っていない総合リサイクルショップでは、数百円程度に扱われてしまうことだってあるからです。

訪問着を売る会社を間違えてしまうと、大幅に買取金額が下がる場合があります。
下記ページでは、オススメの買取業者さんを紹介しています。どの会社も無料で査定をしてくれる上に、全国展開しているところなので安心。

伝統ある訪問着、伝統の加賀友禅や、作家・宮野勇造さんやカツラユミなどの人気ブランド訪問着等なら特に、下記のような買取業者さんがオススメです。

>>訪問着の買取オススメ業者さん

訪問着について

『訪問着』は『付け下げ』と似ていますが、生地を染めるところから違います。
訪問着は、上前から下前まで柄が続いていて、胸や袖の裁ち目の部分も柄が綺麗に繋がる様に出来ており絵羽模様とも言われます。衽(おくみ)にも柄があります。

未婚・既婚問わず紋を付けると色留袖と同等の扱いに。
格式高くなるため、改まった場所に着用という訳ではなかったら紋はいりません。
親族以外の結婚式、お茶会、他家への訪問や園遊会まで。 3月は卒業式や入園式でも活躍。社交的と言われるところに最適な和服といえます。

訪問着と似ているものに付け下げがあります。
最近はあまり変わりのない物ですが、次回は訪問着と付下げの違いについても書きますね。

2017年では、紋が入っていない物なら色々な場面で着用できたりまでもあるのです。訪問着は、ライフスタイルによっては1枚持っていると重宝する着物でもあるのです。

最近の着物事情

柄も八重桜の総手刺繍や最近ではショパンの「革命」の楽譜がプリントされている帯もあるんですよ。