和服買取前のクリーニングで損する場合・得する場合!注意点

高級着物や作家物の和服。

買取に出す前にクリーニング業者にお願いしたら、より高額で買取ってもらえるんじゃないか…。

良い状態の方が高額買取を狙える《得する場合》

確かに、取れるシミやシワ、汚れ等があるなら、確かに取っておく方が買取には良い影響が出ます。

呉服屋産も利用する宅配クリーニングやTポイントが貯まるクリーニング屋もあるので、高額買取が期待できそうな作家物や伝統工芸品の和服であれば、買取前にクリーニングに出すのも1つの方法です。

クリーニングに出すのは損する場合も!?

ただ、場合によっては着物買取代よりもクリーニング代の方が高くついてしまう場合もあるにはあります。

クリーニング代金は業者さんによって色々ですが、場合によっては留め袖や振袖なら1万円以上にもなることもあります。

訪問着でも1万円前後、羽織や単衣、道行きコートや長襦袢、袋帯や名古屋帯等の帯だけでも五千円から一万円程、浴衣でも3,000円程かかることもあります。

クリーニング代と買取価格を天秤にかけてみよう

もちろんクリーニング業者さんによりますし、楽天市場で利用できる「本京洗い」では1点3,000円でクリーニングしてくれるメニューもあるので賢く使えばプラスになります。

また、事前に買取相場を調べたり査定してもらうのも可能。
「もしこの着物にシミや汚れがなかったらいくら位ですか?」と聞いてみるのもいいかもしれませんね。

よい和服ほど、状態が良ければ買取金額もアップします。
知恵を使って、いくつかの信頼できる着物買取業者さんへ無料査定を依頼してみるのも良いかもしれません。

>>信頼できる全国規模・オススメの着物業者さん

着物クリーニング体験ともらったアドバイス

着物を着用した後、洗える着物以外の正絹等の着物のクリーニングはどうしたらと悩みますよね。

私も、娘の七五三の三歳の時の和服が正絹でした。写真撮影とお参りだけで着る機会も少ないのでクリーニングしておこうと思い、近くのクリーニング屋さんで着物のクリーニングを本当に上手に出来るのかと悩み、調べてみて着物のクリーニング屋さんに頼むことに。

クリーニングをしてから数年経っているのですが、アドバイス通りにたまに干したりしているので未だに綺麗保っています。

和服クリーニングの注意点

和服リーニングにも注意点があります。
今回はその注意点について少しだけ書きたいと思います。

ついた汚れは落とそうとしない!?

着物を着用するのに、大人も子供もお化粧をすることが多いです。
子供はお化粧だけではなく、着物を着て飲食なんてすると親の懸念通りにこぼしたりします。ファンデーションもそうで、着物のクリーニング屋さんに聞いてみたらついてしまった物をどうしたらいいかと考える前に「皆さん落そうとするんです。」と。

咄嗟に早く落そうとしてしまうと私も思いますが、これは着物にとっては大ダメージに繋がる行為なのだそう。落そうとした着物の繊維を拡大すると、繊維が傷んでしまったり切れてしまったりと大変なことになっています。

直そうとして軽いものならなんとか修正出来るものもあるそうですが、切れてしまった等一部の物は完全には修正出来ないそう。

何もしないのがいい!?

では、一番の方法は何なのか。
それは「何もしない!」。
もしも、ファンデーション等がついたら、兎に角何もせずに着物クリーニング屋さんに任せてほしいそうです。着物クリーニング屋さんも色々ですが、資格のあるお店でないと危険。

私の頼んだ所は、年月の経ったシミ抜きもしてくれます。その際、何のシミかわからない物もありますがそこではきちんとシミの検査をしてから調合してシミ抜きをしてくれるそうす。

シミの検査をしないお店もあるそうなので、大事な着物なので信頼できるところに頼んでくださいね。

汗抜きの重要さ

もう一つ「汗抜き」についてです。
私の信頼している着物クリーニング店では汗抜きも工程に含まれており、プラス料金は必要ありませんでした。しかし、この汗抜きを工程に入れている所というのは少ないみたいです。

ついたばかりのシミ等は丸洗いで大体はいけるのだそうですが、汗抜きは丸洗いだけでは落とせないそうです。
洋服でも段々と黄ばみが出る時があるように、和服も同じで次に着る時にクリーニングしたのに黄ばんでいるのは汗抜きがされてないから、という事。

着物は水洗いに適していない素材も多く、洋服と違って大変な為、高額になる原因の一つです。
しかし、汗抜きはシーズン終わりや長く和服を保存する時にするのが長く着物を着る上では重要だそうです。

汗抜きが入っているのか不明なら、あらかじめ汗抜きについて質問する方がいいですね。
汗を吸いやすい襦袢も着物と一緒に出すのがオススメなのだそうなので、襦袢もクリーニングに出すと、次回気持ちよく着られそう。