絹着物に防臭剤は不要!?絹和服保管の以外な注意点

手持ちの着物や和服を売ろうとしたら汚れやシミが…。

洋服の買取と同じで、シミやシワの無い方が査定金額は高額を期待できます。

絹着物に防臭剤は不要!?絹和服保管の以外な注意点

訪問着や付け下げ、色無地や襦袢等の和服をしまう時に一番の敵は『湿気』と『虫』。
今回は害虫対策としてオススメの保管方法です。

絹着物に防虫剤は要注意

害虫は夏場が中食。
害虫対策は防虫剤となりそうですが、絹素材の着物にはお薦めしません。絹は繊細で、防虫剤の薬剤で変質や変色にもなりかねないからです。

絹の着物に防臭剤を使うなら…

防虫剤の注意点としては、引き出し1つに1種類が基本。
大方、和紙等で包んでありますが、中の薬剤が着物に直接接触し無いことは必須です。揮発する時にガスが発生しますが、ガスは空気よりも重いので上部にのせます。

代用アイテム

着物用防虫剤もありますが、私は正絹の着物には防虫剤は使いません。
防虫シート等の代わりとしては新聞紙です。新聞紙を引き出しの底部に敷いて使します。たとう紙や包み紙のない和服はインクが付着しない様に工夫します。

「絹は虫が食わない」との言葉まり、防虫剤を入れなかったから虫に食われたと着物は見たこと無いと着物クリーニング店の方から聞きました。逆に防虫剤によって着物がダメになった方が多いそうな。

防湿剤は防カビが目的ですが、防虫剤より衣類への被害はほぼ無しといえます。
個人的にはアド・グッドなりドライペットなり「水とりぞうさん」なり使っても、防湿剤に頼りっきりにせず、風を入れつつ虫干しをして手入れしましょう。

虫干し

虫干しについてですが、最低でも年に1回は推奨します。
虫干しは「土用干し」「虫干し」「寒干し」の年3回。

土用干し

7月下旬~8月上旬頃に、梅雨後の湿気を吸った衣類を干すのが目的なのでこの土用干しに着物を干した方が良いかと思います。

「虫干し」は、10月上旬~11月上旬頃に、夏についた虫を払ってキレイにするのが目的。
「寒干し」は、1月下旬~2月上旬の乾燥した頃、湿った着物を乾燥させるのが目的。

虫干しは、晴天日に正午を挟み4時間程干します(雨の翌日は避け晴天が2日続いた時がベスト)。

直射日光には当てず、風通しの良い場所で、裏返すのもお忘れなく。
(寒干しの時期は乾燥しているので、短めでも効果アリ)

タンスには絹製品と、毛織物を一緒に保管しない
絹製品と一緒に化学繊維の和服を重ねて保管しない
金糸、銀糸を織り込んだ帯、金粉、金伯等を加工してある帯と一緒に、合成ゴム製、ウレタンの入った帯板や和服を重ねない

上記ポイントです。
夏用の絽の和服でも単衣でもウールの着物でも、何世代にも亘って着用できる物にしていきたいですね。

最近の着物ニュース

2017年は、着物に合うカラーのネイルも出ています。
「胡粉(ごふん)ネイル」として、鴇浅葱(ときあさぎ)色や薄花桜色、黎明色や雲居色、黄紅葉や青口色、艶紅等の和食があり、和服の装いに似合いそう。

驚きの500円均一がある京都のアンティーク着物専門店「戻橋(modoribashi)」のフリーマーケットも行ってみたいものです。