麗しき春の染めの着物&椿の花簪

つけ下げ以上の着物で数着揃えて置けばいざというお出かけには役立つのではないでしょうか?

茶道のお稽古用につけ下げを一着に、訪問着で季節感を楽しむためのコレクションを一着づつ揃えていけたらいいものです。

春先に、また冬場でも季節の花であっても椿というのは割合長く着れる柄ですからおすすめです。

和モダンな上品テイストなら長く愛用できるはず。

京友禅で若々しい作風のコレクションが揃う北川の花の着物コレクションを参考に(もちろん北川さんで選んでも!)モダンな染めの花柄着物を選んでみましょう。

椿の訪問着にあう寒椿の花かんざし

ディップフラワーアートで制作ができる花かんざしや髪飾りは私達におしゃれアイディアを与えてくれます。

黒髪にもカラーリングの髪にも素敵に映える花かんざしはもし自分で制作できたら素敵です。

かんざしアーティストの榮(さかえ)さんの作品をよく見るとその個人のセンスの良さがうかがえます。

これは大変な技術が必要というわけではなくてどのように花や静物を鑑賞するかではないかと思います。

椿といっても色んな種類がありますがどんな椿が一番好きで髪につけてみたいですか?

しっとりとしたイメージならひとえの紅椿や白い寒椿を可憐にデザインしてみては。

和モダンテイストなら薔薇の花のような八重咲きのカメリアタイプならコロンとした花姿も可愛らしくエレガントですね!

一輪にするか何輪かでまとめるかでも個性的な作風が生まれそうです。

そういう意味ではディップフラワーアートは無限の可能性を秘めていて特に技術的なテクニックがなくても作れるのできっとハマると思います。

薄く透ける花びらに枯れない椿の花かんざしは私達のおしゃれなコレクションにしたくなるアイデアですね!

2017年のゴルデンウイークには、VR能体験や国内外で活躍される書道家・前田鎌利さんのライブパフォーマンスもある東京キモノショーも開催されますよ。