麗しき春の染めの着物&胡蝶蘭の花かんざし

花のソワレ訪問着

稀少な手の込んだ作家ものの着物をセレクトした「京都着物美術クラブ」にはとても感動的なソワレ訪問着が揃っています。

京都着物美術クラブがプロデュースした藤林徳扇の総刺繍の華やかな訪問着ならドレスのように纏えばとても素敵ですね!

淡い上品なピンク地に銀色に輝くプラチナ糸で刺繍した銀河のように流れる胡蝶蘭の訪問着は可憐な華やかさのあるソワレのような装いに。

年齢的にも総刺繍なら関係なく着こなせる華やか訪問着のひとつになりそうですが何より胡蝶蘭の訪問着としてはなかなか見つけにくい逸品のひとつではないでしょうか?

全体に華やかに刺繍されているソワレ訪問着なんてパーティー着ていきたくなる訪問着になりそうですね。

この間のお花見パーティーでも染めの着物のおしゃれをされている方がとても多かったのですがもう少し何か華やかさを…と思ったのも本音でした。

それはパーティーの大きさが華やかであるほどよりゴージャス感があった方がふさわしいと思いました。

では総刺繍ならどうでしょうか?

クチュール感が漂うソワレのような訪問着なら会場で着物スタイルで花になれるソワレ訪問着ではないかと思いました。

柔らかいピンク地に華やかな総刺繍の胡蝶蘭の訪問着はそれだけでフォーマルなドレスに匹敵するエレガントさですね♪

胡蝶蘭の花かんざしで枝の手作りも

胡蝶蘭のモチーフは枝についた花の姿がとても素敵ですがアップにした髪に素敵に似合いそうですね。

白い胡蝶蘭でも素敵ですが紫に染めた胡蝶蘭にしてもおしゃれなかんじではないかと思います。

本物では扱いにくいモチーフの花たちも染めの着物やディップアートの花かんざしなら表現できそうですね!

柔らかものの訪問着に花刺繍と透ける花びらの花かんざしで春のソワレ感を表現してみるのはいかがでしょうか?

少し大きめに枝部分も制作してみて髪に飾ると素敵かもしれません。

胡蝶蘭でゴージャスな花かんざしをコレクションしてみたくなりました。