着物リメイク小物の簡単アイデア/着物を買取以外で活かす方法

結婚後まもなく、母から自分の着物も祖母の箪笥にもらったからと着物の整理をしました。

着物は好きでも保管に関しては興味無しだった事実に気づきました。
祖母は日舞や盆踊りには和服を着ていて着物好きなのは知っていましたし、格好良く着こなしていました。

母は、着物を売ることや買取を検討しましたが、数年ごしのシミをみて諦めましたが、今はシミがあっても買取ってくれる業者もあります。

>>シミがあっても良心的に買取ってくれるオススメ買取業者さん

古い着物をリメイクする

和服は買取だけでなく「リメイク」出来るものもあります。
リメイクは着物をほどいたり等と面倒な事も多いですがシンプルで手軽なものを紹介します。

コースター

シミ部分が多い等、端切れで出来るので色々な柄で出来ますし和柄のコースターはおしゃれですよね。また、しっかりした帯でも華やかなコースターがになります。

シュシュ・ヘアゴム

コースター同様に端切れで出来ますね。
和柄なので浴衣の時にも使えるのでヘアアレンジも幅が広がりますね。

がま口財布

歯切れがあれば小さいサイズなら出来ます。
裁断する位置によっても柄が変わるので同じ柄の物や色々な柄が出てくる物も出来、オリジナル感もあります。

巾着袋

作りたい大きさの生地があれば簡単に作れるので、初心者にもオススメ。巾着も使い道も多岐に渡りますし、レトロ感も出ておしゃれだと思います。

写真フレーム

端切れを貼って写真フレームもリメイク。
今、100円ショップの物に端切れ等を使ってリメイクしてオリジナルの物を作る人が多いのでこうしたリメイクにも和柄を取り入れるのも良いかと思いますし、古い着物の感じはめったに無いので1点ものになりますね。

子供用パジャマ

少し大きめの生地が必要ですが子供用のパジャマなら着物の生地も浴衣なら夏のパジャマに最適な薄さで快適に着れるのではないでしょうか。

私は、子供が暑がりで汗っかきなのでパジャマにリメイクがいいなと思っています。そして、シュシュやヘアゴムにアレンジも子供が喜びそうだなと。
リカちゃんやメルちゃんの洋服にリメイクも素敵だと思います。

シミが多くてリメイク出来ない物でも工夫すればリメイク出来ちゃいますよ。

最近では、ミンネやメルカリ、アマゾン等の通販サイトで凝った着物リメイク小物も販売されているのでアイデアの参考になります。 篠原ともえさんも着物リメイクファッションも作っていて面白いですよ。