単衣・夏着物・絽の着物買取オススメどころ

裏地のない一枚布の夏着物「単衣」や、透けた素材で作られた「絽」の着物。
しっかりとした秋冬の着物より薄いし、透け感のある布なので「売れるかしら?」と心配になるかもしれません。

でも、単衣や裏地のない和服もきちんとした着物です。
着物の価値を分かっている買取屋さんなら価値にみあった価格をつけてくれることが多いです。

>>夏着物・単衣でオススメの買取業者さん

初夏のおしゃれ着はコーディネートで

初夏は着物も衣替えの時期。

裏地のある袷から表地一枚で仕立てた「単衣(ひとえ)」の和服へと変化します。
単衣は6月からが一般的ですが、5月でも暑い日は単衣でもOK!ただし、冠婚葬祭など格式の高い場ではルールに沿った装いが基本です。

単衣はひと月ほどしか着ないからと持たない人もいますが、着物好きにとってはおしゃれしがいのある和服。うきうきする季節とも言えます。

単衣は夏物と違って透けない生地。
袷の生地と同じでもいいのですが、見た目にも涼しげな色柄を選びたいもの。

縮緬やあたたかみのある真綿紬は避け、綸子やシボの浅い縮緬、サラリとした紬などがおすすめ。小紋なら絽縮緬も。透ける紗を二枚重ねた紗袷もこの季節の定番です。

着物は、コーディネートしだいで一枚の着物が何通りになるのが楽しいところ。

季節感の演出

和服を粋に着こなすには、季節感の演出が欠かせません。
着物や帯模様に季節の草花を選ぶ他、涼しげな色やザックリ編みの帯を選ぶだけでも季節感が出せます。
一枚の着物に帯三本との言葉があるように、帯の変化でずいぶん変わります。
着物と帯でストーリー性を持たせると、着慣れた印象を与えます。例えば、全体に斜めラインの入った着物に紫陽花やカタツムリの絵柄の帯で“梅雨”など。

塩瀬から絽へ

同じ着物でも、帯は暑くなるにつれ塩瀬から絽へと買えていきます。
ただ、着物と帯以外でも半襟、長襦袢、帯揚げ、帯締めなどの小物で季節感は演出できます。ちょっとしか見えないですが、その差し色が全体の印象にまで影響をあたえるのです。

おしゃれ着なら半襟も色や柄物がおすすめですし、帯揚げ、帯締めを涼しげな色にしても爽やか。
長襦袢は、袖の振りからちょっとしか見えませんが、個性的な柄だったり、主張の強い色だったりと一番遊べる部分でもあります。

おしゃれ着と言っても小紋や紬を呉服屋さんや百貨店で買おうとすると高いので、気軽にとはいかないかもしれませんが、着物が一枚あるとコーディネート次第で遊べます。