妊婦さんと着物/着物買取や下取りを活用

妊娠すると着物は駄目だと思い遠ざかってしまいがち。
ふと「妊婦さんの和服姿ってこの辺りでは見かけたことはないけれど、本当に駄目なのかな?でも昔は皆和服を着ていたよな」と疑問が生まれたので調べてみることに。

結果は、よい着付けなら妊婦さんでも着物の着用は大丈夫でした。

…というか、民族衣装なのでそうですよね。

妊婦さんと着物

和服を毎日楽しんでいる訳ではない現代社会。妊婦さんが和服を着用するときの注意点等を載せます。

妊娠初期

妊娠初期は、お腹も目立たないため着用しても妊婦だとは気づかれません。ですが、この任書記と言われる時期は悪阻で体調不良が続いている事もあります。この時期に着用しても問題はありませんが、万が一悪阻で粗相をしてしまった時の為にも絹素材の着物正絹等は控えた方が良いと思います。着用していく場にもよりますが、畏まった場所でない場合は洗える着物にしたりした方が良いでしょう。

妊娠中期

安定期に入れば段々と悪阻も終わってくる人も多いですよね。
しかし、安定期は安心していい時期ではなくあくまで体調が安定してくる時期という感じの意味なので安定期だからといつもの様に帯をきっちりと締めない方が良いです。

妊娠初期もそうですが、妊娠中の帯は柔らかめの帯を使ってください。
締める場所にも注意が必要です。力と場所によっては体調が悪くなる事もあります。また、中期頃からお腹が少しずつふっくらとし始めます。まだ、中期の最初の方では妊娠していると気付かれない事も多いので、着付けを頼む時は事前に妊娠を伝えて、注意事項も聞いておいた方が良いそうです。着付けになれている方は妊婦さんの着付けの経験もあるはずですがない方もいるかもしれませんので、経験ある方をお願いした方が良いので確認しておきましょう。

妊娠後期

お腹も目立っている時期、着物は真正面から見ると一見妊娠している様に見えない事もあります。妊娠後期でも着られるの?と思う方もいますが、着られるのです。民族衣装ですから、もとは毎日和服を着ていたわけです。

言葉で説明すると分かりにくいかもしれませんが、帯はもう一度言いますが柔らかめの物。そして、締める位置はアンダーバスト位の位置でお腹の上です。
この時期に注意することは着物や帯が足りなくなることがあるという事です。

ご自身で持っている着物なら大体は足りるらしいのですが、少しはだけやすいという所は注意です。帯も出来る限り長めの物でないと締められないという事もあるそうです。妊娠時だけ、帯を着物のリサイクルや買取ショップで安めを用意するのもいいかもしれません。後期は洋服の場合でもそうですが下が見にくいので、更に着物で動きにくいので階段は要注意です。

妊娠中でも着物で過ごせます。

着物の利点は、洋服の様にマタニティ用を購入等せずに着物があれば妊娠中も、妊娠していなくても着られるということかもしれません。良く考えられた物ですね。

先輩や本も参考に!

心配する方もいらっしゃるかもしれませんが、妊娠中でも着物は着られるので機会があれば着てみてください。身近に相談できるおばあちゃんや年上の方がいると一番安心です。もし可能であればすぐに脱ぎ着出来る様に会場や会場近くで着つけられると良いと思います。

「きもので出産!」という著作もあります。