長襦袢の買い取りの注意点/単独買取りも

着物のインナーである長襦袢。

付け下げや訪問着と一緒に買取に出されることは多くても、長襦袢単独や長襦袢だけでも買取ってもらえます。

キレイな状態の正絹なら、一枚数千円ということも。。

大きなシミ・シワがあると厳しいですが、長襦袢だけでも、無料なのでスピード買取といった全国規模の買取屋さんに査定してもらうとラッキーがあるかもしれません。

>>無料で査定してくれるところ

おしゃれとしての長襦袢

長襦袢の最初の一枚は、どの着物にも合わせやすい淡いピンクやオレンジで仕立てることが多いですが、おしゃれ着は少し派手な長襦袢も素敵。

以前、骨董店の女性店主の年配の方でしたが、黒っぽい大島紬の袖から覗いた長襦袢の赤が素敵ではっとしました。赤い長襦袢は振袖以外でも大丈夫なんだと、紬や小紋には赤やはっきりした色や柄の長襦袢を着るように。

おしゃれな長襦袢はどこで買う?

では、洒落た長襦袢はどこで買うの?というと、個人的にはネットショッピングがほとんど。新品仕立て上がりなら色柄物が豊富な“KIMONOMACHI”がおすすめ。リサイクルやアンティーク品ならスピード買取(スピ買)等のヤフオクでも出品があります。

古いものは色や柄が素敵なものも多いですが、長襦袢は汚れやすいので美品をさがすのは少し困難。既製品で真っ赤な長襦袢は少なく、私は振袖用の真っ赤な長襦袢の袖を短くリメイクして紬の下着としています。

おしゃれ着なら正絹以外に綿混や化繊もおすすめです。

家で洗えるのは楽で、着る機会が多いと便利です。特に夏場は汗をかくので一度着たら洗いたいので、ポリエステルの絽の長襦袢を愛用しています。アイロンも不要です。

長襦袢を購入する以外に、私がもう一つ実践しているのが半襦袢を購入して好きな布で袖を縫うことです。半襦袢とは、“うそつき”とか“二部式”とかいわれるもので、肌着と長襦袢の上半身が一つになったようなもの。

肌着よりはパリッとしたさらしなどで仕立てられていて、そこに袖だけを付けます。腰から下は裾除けだけになるので、ふだん着向けの方法です。

最近は生地屋さんでの和風な生地が多くなり、ちりめん風のシボのある生地や市松、友禅柄など古典的な柄のものも見かけるようになりました。袖だけを何枚も作って半襦袢に縫いつけるだけなので、とてもかんたんです。縫うのが苦手な人は、マジックテープも便利です。

最近は、松江市で着物リメークファッションショーが開催されたり、アンティーク振袖からつくる着物ドレスブランド「祥縁(SH OEN)」等の新しい動きもあって楽しいですね。

(ショーエンの振袖でドレスは、ワタベウェディング衣裳取扱い店舗で2017年6月から借りれるそうです。ドレス名も鶴椛や藤揚羽、蘭舞というような風流な感じです)

赤ちゃんむけのファースト着物なるものもあるんですよ。

個人的に注目しているのは「きものやまと」の新しいサービス「Sumally Pocket(サマリーポケット)」。着物六ヶ月分ほ保管できるたとう紙も入った「着物ボックス」のセット。寺田倉庫で湿度や温度を一定に保った場所で保管してくれるから省スペースすぎます。賢く使えば、桐箪笥がなくても季節の着物を楽しめそうですね。