着物を長持ちさせるお手入れ法/着物買取でも下げないために

洋服よりも長持ちする着物はそのお手入れ法によって、何十年も持ちます。でも、お手入れ法を間違えると、すぐに着られなくなります。

スピード買取や買取プレミアム等で着物を買取に出す時にも、手入れが悪いと値が下がってしまうため、間違ったお手入れをしない様に、ポイントを紹介します。

着物を長持ちさせるお手入れ法

「着物を着た後のお手入れ法」

着物はすぐに日焼けや色落ちしてしまいます。なので、半日以上は陰干しをして湿気を取ります。湿気が残った状態にしておくと、カビが発生してしまいます。また、陰干しをする場所の蛍光灯にも注意してください。蛍光灯でも日焼けしてしまいます。

「長襦袢は洗濯しても大丈夫?」

長襦袢は、着用したら必ず洗濯してください。肌に直接触れる物で、汗や皮脂がどうしてもついてしまいます。黄ばみの原因にもなりますので、ポリエステルの物は洗濯機で洗えますが、絹の場合は押し洗いかオススメはクリーニングです。半衿も毎回洗ってください。

③「足袋はどうしたら良い?」

足袋は一番汚れやすい物です。必ず洗濯してください。
洗濯する際は、金具をしっかりととめておくと型崩れを防ぎます。しかし、色足袋は色落ちしてしまうこともあるので注意してください。

④「しばらく着る予定がない時の保存方法」

たとう紙や着物用の保存袋に入れて、通気性の良い箪笥に入れてください。その際、昔は和装用のしょうのうを使っていたのですが、湿気に弱い為にしょうのうを使用せず、多めの乾燥剤を使ってください。しかし、ずっと閉まっておくとカビが発生してしまう場合がありますので、たまに陰干しをしてください。

⑤「着物のほつれを発見したら」

着物は平縫いで縫っている為に、糸が切れてしまったりほつれたりしてしまう事もあります。なので、上下5cm程重ね縫いをして縫い直し、ほつれた糸は短く切っておいてください。

この様にしていくと長持ちします。
私も娘の3歳の時の正絹の七五三の着物ももう4年近く前になりますが、たまに出して陰干しをしたり、たとう紙を開けてみたり確認しているおかげでカビも何もなくクリーニングから返ってきた綺麗なまま保ってあります。
着物は洋服よりも長持ちする物なので、大切にしていきたいですよね。

最近のキモノ事情

ラフォーレ原宿2階では、モダン着物小物 梅屋と重宗玉緒のセレクトショップが期間限定でオープンしています。7月1日・2日には、丸山敬太さんや野宮真貴さん、水原佑果さんらも登場する「おしゃれ盆踊り」が伊勢丹新宿で開催されました。