大きいサイズの黒留袖レンタルのオススメはココ!

LサイズやLLサイズ、トールサイズの黒留袖を簡単に探せるレンタル着物屋や黒留袖を着る時に気をつけたいことです。

黒留袖のポイントと注意点

結婚式や披露宴、しっかりした場面で頼りになる黒留袖。
既婚の女性が身につける和装としては最も格式高い第一礼装でもある黒留袖は、新郎新婦の親族として式に参加する時にぴったりの和装です。

柄や色使いによって華やかにも落ち着きのある印象にもなります。
金彩や金駒刺繍、松に鶴、波紋などの模様は品がありながらも華やかな印象に、色数少なめで柄の面積も少ないと落ち着いた品格のある印象になるので、年齢や雰囲気の参考にしてみてくださいね。

黒留袖とは?
黒留袖とは、背中と両脇、両袖と5つの場所に家紋があり(五つ紋)、黒い地色の留め袖のことをいいます。無地の一越ちりめんの他、丹後縮緬や濱縮緬といった縮緬素材、裾のみにのみ模様があしらわれた比翼仕立てが黒留袖の特徴です。

こんな時の着用は注意!

正礼装である黒留袖ですが、友人や知人のゲスト・招待客として結婚式に参加する時に着用するのはマナー違反とされる場合もあります。

新郎新婦の両親や同格の立場・親族なら良いのですが、招待された場合には出過ぎているとされることもあるからです。ゲストとして参加する場合は黒留袖より格の下がる色無地一つ紋や付け下げ訪問着等の方が失礼にあたりません。

ただ、こういった和装の決まりごとは、地方や家柄によって違うこともあります。
黒留袖を着る時にはあらかじめ相手方のご両親や親族に相談すると一番間違いがなく安心です。

大きいサイズの黒留袖レンタル

一昔前はどこの家庭にもあった着物一式ですが、最近では黒留袖もレンタルできるお店が増えています。時代によって、ゴールド系が流行ったり色数多いものが流行ったり。黒留袖にも流行り廃りがあるので、大きいサイズの黒留袖をレンタルするのは便利で賢い一選択でもあります。

年代によるデザインの選び方としては、若めなら柄面積の広いものを、年齢が気になる場合は裾下の方にスッキリと模様があしらわれたものが一般的。

大きいサイズの黒留袖を探しやすいレンタル屋

一般にMサイズとされる黒留袖はどの着物・和服レンタルショップでも取扱がありますが、大きいサイズとなると急に種類・バリエーションが少なくなったり金額が高くなったり。

下記で紹介しているサイトには、ヒップ98cm以上や大きいサイズの黒留袖のレンタルもできます。黒留袖の他にも、身長163cm〜170cm、168cm〜176cmの枠、ヒップ98cm以上など、予算や身長別に検索できるので効率的です。

大きいサイズの黒留袖と一緒に草履やバッグも一緒にフルセットでレンタルでき、創業60年以上の歴史があるから安心な着物レンタル屋さんです。

 詳細はコチラ→→ 留袖レンタル