ちはやふるのロケ地で着物・袴レンタルがお得にできる場所!

ちはやふるのロケ地として有名なのが近江神宮。
実はこの近江神宮の中に袴や着物をレンタル体験できる施設があります。

それは、近江神宮の敷地内にある時計博物館。
日時計や変わった時計を楽しめる施設です。

レンタルした着物や袴で近江神宮を散策したり写真を撮ったりできます。ちはやふるにちなんだインスタ映え・フォトジェニックな撮影場所もたくさんありそう…!

着物・袴レンタルの詳細

ちはやふるの聖地巡礼で人気が出たこともあってか、漫画・ちはやふるにちなんでだ袴・着物のレンタルがあります。

レンタル料は1000円。
スタッフの方が着付けしてくれます。

レンタル時間は1時間。
3時間までなら2,000円で使えます。

実は数年前までは1時間500円でした…!
ちはやふる効果とは思いますが、それでも良心的な値段なのが嬉しいですよね!

受付時間は10時~16時まで、土日祝日は9時半~16時まで。
小学校の卒業式に袴を着て写真撮影をするのも楽しそうですが、

近江神宮

近江神宮がなぜ「ちはやぶる 結び」のロケ地なのか…。

それは、この神社が天智天皇を祀っているからです。
では、なぜ天智天皇をまつっていると、かるたの物語である「ちはやふる」の舞台になるのか…。

それは、天智天皇は小倉百人一首巻頭歌を作った方だからです。
実際、リアルなかるた業界?でもこの近江神宮は「かるたの殿堂」と言われています。毎年お正月には「かるた祭り」も催されているほど。

十二単(じゅうにひとえ)の着用体験「かるたなりきり体験」
上記で紹介した着物や袴のレンタルだけでなく十二単の体験もできます。
金屏風・几帳をバックに模擬十二単が切れるのでかなりオススメ!12単を体験できる場所は少ないので、一緒に着られるといいですね。

こちらは30分1,000円です。