和服をより楽しむ為に~もっとおしゃれに!きものワードローブクローゼット

アパレル販売職のお仕事をしていた方から聞いた着物のおしゃれ

その人がお勤めしていたアパレルメーカーは婦人服だけではなく(紳士服、子供服含む)実はきものブランドも展開していたところ。

アパレル業界で和装を展開するのは当時では珍しく(約30年前)゛おしゃれきもの″として某有名ファッション誌でよくタイアップされていたのだとか!

あえて言うなら「渋好み」、年配の着物好きの女性からは「ずいぶん渋好み(若い人には地味)だけれど、案外素敵ね」との言葉を頂けるようなデザインやお色が多かったブランドでした。

アパレルメーカー自体は本社が東京でしたが、店舗自体は全国にありました。
奈良市や京都では、土地柄かきものブランドのイベント(数日間だけきもののお店にする)を何度かする機会もありました。

会社としてはできたばかりのきものブランドで一客お客様のお買上げが決まると大変高額なため社内でのブランドの中では利益率が一番高いブランドでした。

青紺の無地の紋付きのお振り袖

「モダンでクラシック、浪漫漂うきもの」そんなイメージのおしゃれ着物は意外と数日間のフェアの間すごく好評で最初は全然売れないだろうと思っていましたが実は売れてびっくり!でした。

お店の顧客様だけではなく一見さんのフリーのお客様も足を止めて見てくださり「こんなおしゃれな振り袖探していた」とお母様を連れてきて選んでくださいました。

成人式を迎えるショートヘアの可愛い女性が無地の紋付きの青紺の振り袖を全て和装小物含めてコーディネートしてお買上げになりましたが青紺の紋付きに朱赤の帯締めや帯揚げをコーディネートしているときすごく楽しかったのを覚えています。

とても可憐なそのお客様にお似合いで大変気に入って頂けました。
成人式の後も結婚式のおよばれやお正月のお集まりなどに着たい…そう言って頂けた事がすごく印象的で無地の紋付きの振り袖はふだん着物と縁がない方も着たくなるような清楚でインパクトのあるきもののようで私達は振り袖を選ぶとき柄でよく悩みますがこのような潔い無地の紋付きの振り袖はノーブルな魅力に溢れているのかもしれません。