和装小物~ハイセンスなお着物を引き立てる色の和装小物セレクトでしっとりΧ上品コーディネート

お着物のコーディネートを完成させる和装小物選びについてすごく悩んだ経験はありませんか?

個人的に和装小物の帯揚げと帯締めについては着物の色と柄に対して補色を選ぶのがセンスが良く決まるのではないかと思っています。

和装小物はインパクトのある補色の色を~カラーテーマは゛しっとり上品感

男の人でいうとスーツのネクタイ&シャツ選びのようなもので自分が所有する着物の色はピンク系の物が多くベストにマッチする和装小物はグリーン系という事になりました。
グリーンといっても微妙に色々あって明るめなのか渋めのグリーンかで表情が変わってきます。

たとえば薄ピンクの総絞りの訪問着にあわせる和装小物を選んだ時、総絞り地に少し花柄が入っていたのでその少量の葉の色の部分をとってちょっと深めのグリーンがベストかなぁと思いました。

しっとり感を重視した着こなしへ

実は以前なら地味にならないように明るめのグリーンにしがちでしたが最近は着物の着こなしポイントとして「しっとり感」を表現したいと思うんです。

これは年齢を重ねたから出てきた発想ではないかと自分では思っています。しっとりΧ上品な佇まいをエレガントに表現するには帯締め&帯揚げのコーディネートは侮れません。

大変重要な要的なポイントではないでしょうか?
帯はどのような着物の色にあわせてもあうような淡いゴールド系ですからどのようなグリーン系をこの上に持ってくるか…それによってセンスの良いこなれ感が決まるように思います。

小笠原流礼法の小笠原啓承斉さんの本の表紙でお着物をお召しの写真が載っていましたが江戸紫のお着物に黄色に近い金色の和装小物のインパクトはすごく強くてゴージャスな迫力のある着こなしに感心しました。(さすが!という感じでしょうか)

和装小物の仕上げはバッグとお草履になりますがこれも探しだすとすごく迷うアイテムですがこういう和装小物に関してはインスピレーションと出会いではないかと思っています。(要するに見つけたときが買うチャンス!)

もし京都などの和装文化の豊富な古都に行く機会があったら四条河原町や新京極辺りの和装小物のお店で洒落たお気に入り和装小物を見つけたいと考えています。