着物買取・着物下取りおすすめはココ!安心できる着物買取なら

着物買取をしている会社はいくつもありますが、中には二束三文になってしまう業者があるのも事実。

このページでは、大切な着物の価値を評価してくれる、口コミや評判のよい着物買取業者さんを紹介します。

着物買取・和服買取で注意したい事

着物を買取に出す時、すこしでも高値で買い取ってもらうためにいくつか注意したいところがあります。

証紙があれば必ず一緒に出そう

有名な紬には、証紙という「本物です」との証明書のシールが反物時についています。証紙は仕立て上がりの時に着物とともについてきます。

証紙の有無で買取価格に差が出ます。証紙は一緒に査定に出しましょう。シャネルやヴィトンのブランドを証明するギャランティカードのようなものなので、高額な着物として有名な大島紬や結城紬等は尚更あると有利です。

シミやカビに注意!

紬の糸の性質上シビやカビができやすいのは自然な原料ゆえ、否めません。よしんば、無いのが望ましいので丁寧な保管が大切です。

シミや汚れがあっても買い取ってもらえる業者さんも
2017年現在は、これらの理由を承知で、購入時の価格で買取ってくれる会社も存在します。証紙なしでも、多少減額はあれどある程度の価格提示のある業者さんも。売る人としては、悪条件であっての高額買取は一番良心的な会社ですよね。納得のいく買取会社と出会えるまで何社か査定に出すのも一手です。査定については無料ですし、出張査定もゼロ円なところもありますよ

査定無料の買取業者にしよう

売る方法として、出張買取や宅配買取・店頭買取と買取方法には種類がありますが、買取にかかる費用について、会社が全負担してくれるところを選ぶと安心です。

というのも、中には査定金額やキャンセル料がかかるところもあるからです。下で紹介する会社は買取に関する査定やキャンセルはどれも無料となっています。大量の着物や和装小物なども含めて取り扱ってくれ、出張買取・宅配買取で店舗に重たい着物・和服一式・小物類を持ち込む必要もナシ!

着物は着物を専門的に扱っている買取業者さんに限ります。下記は全国展開している規模も大きく良心的でオススメなところです。

1、スピード買取.jp[着物買取]

坂上忍さんのテレビCMでおなじみのスピード買取.jp。

・買取後でも、他の業者さんの方が高い場合は全額返金アリ
・女性の査定員指名も可能。(※依頼される方が女性の場合)
・親切・親身な対応でも評判
・出張買取・宅配買取どちらも対応
・クーリングオフ有

キャンセル料無料/買取手数料無料/出張料無料/相談無料/宅配キット無料/

 詳細はコチラ→→ スピード買取.jp[着物買取]

2、買取プレミアム

スピード買取と同じくらいオススメなのが買取プレミアム。

・女性の査定員を依頼可能
・出張買取・宅配買取どちらも対応
・クーリングオフ有

キャンセル料無料/買取手数料無料/出張料無料/見積り無料

 詳細はコチラ→→   買取プレミアム

3、ヤマトク

着物の宅配買取専門業者さんです。

・無料で着物を送る箱が自宅に届きます
・キャンセルもいつでも可能
・買取実績は、年間4000件!
・着物関連小物なら何でも査定OK!

キャンセル料無/買取手数料無料/送料無料/キャンセル料無料

 詳細はコチラ→→  ヤマトク

査定に出しても断りが出る着物はある?

喪服・ウール素材・ポリエステル素材は、買取会社によって取扱いが違います。傷や汚れがあっても、買取可能の会社もあれば、お断りの業者かどうか事前に聞くのがオススメです(下記では、ポリエステルも対応してくれる会社も紹介しています)

大正時代のアンティーク・レトロな和服の希少価値も高くなっています。アンティーク専門の着物屋さん「雅星本店」さんや「姉妹屋」さん、「灯屋」さん等もあります。最近では、栃木県の高級イチゴ「スカイベリー」が染料の着物もあるから多様化していますが、これらのお店の着物等も一度和服を査定してもらう時に質問できたらいいですね。

見直される着物の文化

洋服が主流な2017年現在ですが、2020年の東京オリンピックにむけて着物の価値や美しさが見直されています。全国の着物作家さんが、ブータン王国やフィリピン、南アフリカ共和国等世界196カ国をイメージした着物と帯を制作してアピールをする他、「着物プロジェクト」なる企画もあるほど。

「KIMONO」を世界文化遺産にしようとの動きもある一方、2017年〜2020年は着物買取も強化されている動きもあります。和服は、大切に保管していてもカビや痛みが出てしまうこともあるので、着物買取が盛り上がっているこの数年はまたとない着物を売る好機会となるかもしれません。

毎日の生活で気軽に和服を楽しめたらよいですが、使わない分やサイズが合わない分は、評判のよい着物買取業者さんを賢く使うのも着物文化を担う一つの方法かもしれませんね。

高額買取を狙えるかも!帯の三大産地

着物について深める上で避けて通れないのが、帯の三大産地です。
三大産地とは、西陣・博多・桐生です。伝統ある帯なので、着物や和服の買取でも高額買取が期待できる帯でもあります。

西陣織

西陣織は現在も人気が高い織物ですが、手作業を続けている所は減少しています。
型紙を利用したジャガード織り機が導入されたことから大量生産ができるようになりましたので、以前より手軽に買えようになったのはプラスマイナス、どちらの意味も含んでいます。

博多織

博多織ですが、60歳以降の方ならお嫁入道具のひとつとされているほどのものです。
若い方で購入したいと思われる方もいます。

趣味の帯ですが、締めやすさは良いですが、高額なのが売れない理由であるのは否めません。理由としては、手織りのみの生産と需要が減ったことが挙げられます。

これらの理由から、流通しにくくなったともいえます。
ただ、希少性があるので着物や和服の買取では高価な金額をつけてもらえることも。

桐生織

桐生は群馬県の代表する帯。(栃木県でも制作されています)
「西の西陣、東の桐生」との言葉があるほど、栄えた帯でもあります。
既に機械化していて、ジャガード織り機で織っています。

人気の秘密は、外国で人気があることが大きいです。
現在は素材が違う帯もありますが、七五三の帯の生産地としても有名。
しかし、今は手軽な値段の作り帯が流通しています。

桐生で作られた帯を買い求める人が少ないという問題があります。
糸の扱いに慣れている職人さんも高齢化していて、継承が困難になっています。

伝統とモダンのコラボ

担い手が減っている帯でもありますが、現代の文化と上手く溶け合った例もあります。

群馬県のゆるキャラマスコットキャラクター「ぐんまちゃん」が桐生織のシャーリングスカートを紹介する写真も、インターネットで目にしました。

博多織があしらわれたボールペンやブックカバーは商品化されていたり、クリマなどのクリエイターさんのアプリでは、博多織のカマーベルトなんて洒落たものも。その一方で西陣織のネクタイが作られたりと、伝統とモダンもコラボ商品もありますが、日本の伝統の一つ、大切にしたいですね。

ざっくりと紹介しましたが、着物より奥が深いといえるのが帯です。
難しい決まり事はありますが、始めは手軽にお太鼓結びや半幅帯で和服姿を楽しんでみてください。

着物をお得に楽しめる着物セット

2017-2018年も、通販サイトでは着物のお得な福袋が販売されています。ブランド着物もあれば、メンズ着物のフルセット、ポリエステルの洗える着物が1万円、国内染めの袷着物4点セットで13,800円や夏の浴衣セット等もあります。

着物デビューのセットとしても使える他、雨の日用の福袋や洗える着物が欲しい場合やバリエーションを増やしたい時にもオススメです。

>>オススメの着物福袋はこちらのページで紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする